事例紹介

平成27年度 高岡御車山小馬出町後輪二輪修繕工事 完工

工期: 平成27年5月7日から平成28年3月31日

仕様: 小馬出町御車山の車輪は長年の使用により損傷が著しく、車輪全体のがたつきにより、車軸や独鈷に負担がかかり、新たな損傷につながる恐れがあるため、修理を行う。車輪は三重台八の四輪車で直径1670mm、厚さは外まわりで116mm、材質は檜材である。車輪の外周に幅50mm×厚さ10mmの二枚の鉄輪が鋲止めで嵌め込まれている。車輪中心部の直径426mm×厚さ386mmの車軸取付部より、32本の矢骨が放射状に配置されている。裏側には610mm×127mm~27mmの鉄板が8枚、610mm×55mm~27mmの鉄板が8枚にて固定補強されている。表面は黒呂色仕上げが施され、打ち出しの透かし模様の化粧金具で飾られている。

(修理概要)

錺金具 全232枚 洗浄、修復(ヘコミ、亀裂)
裏側補強金具 全32枚 錆落とし、漆焼付け
車輪木部 外扇材7点、矢骨3点、継鎌一式 部材復元新調

外扇材 割れ補修

錺金具の釘穴、裏側補強金具の鋲穴全て 埋め木

外周鉄輪 全4本 焼嵌め(新調)
車輪漆塗り面 車輪2輪 漆塗替え
新調
丸座

(前輪含む)

全4枚 木材新調

錺金具 5枚新調、1枚部分新調

<< 一覧に戻る
 
Copyright (c) 2009 高岡地域文化財等修理協会 All Rights Reserved.