富山県西部地域の紹介

地場産品のご紹介

高岡地域の地場産品には、長い歴史に培われ、生活に密着しながら成長してきた工芸品が多く、その製品は伝統的技術・技法による独特の味わいがあります。なかでも、高岡銅器・高岡漆器・井波彫刻・庄川挽物木地・越中和紙は、国の伝統的工芸品に指定されています。

高岡銅器

高岡銅器は、江戸時代初期の高岡開町とともに始まり、長い伝統を誇ります。鋳物づくりの技を高め、梵鐘などの大型の鋳造品から花器、茶器、仏具など多くの製品を生産し、出荷額、販売額は全国一のシェアを占めています。
高岡銅器高岡銅器

高岡漆器

高岡漆器は、青貝塗、彫刻塗、勇助塗などの独特の技術を基に、盆類、茶道具、室内調度品など多岐にわたる製品づくりが行われ、国の伝統工芸品に指定されています。
高岡漆器高岡漆器高岡漆器

井波彫刻

遠近感のある透し深彫りの欄間など、精巧な技を駆使して作られます。京都本願寺の御用彫刻師から技法を学んだのが始まりとされ、明治時代には深彫りを駆使した井波欄間を生み出しました。
井波彫刻井波彫刻井波彫刻

越中和紙

合掌造りで知られる五箇山では、加賀藩御用品として、上質紙の生産に努めて技術を向上させました。また、八尾和紙は売薬用紙として使われてきました。
越中和紙越中和紙

庄川挽物木地

木工ろくろ技術によって栃や欅などを使用した椀や盆、皿などを生産し、丸太を板状に製材して木取りを行う「横木取り」が木地の特色です。また、漆器の木地産地としても全国的に知られています。
庄川挽物木地

ヘチマ

立山連峰の雪解け水と、無農薬、有機栽培により、良質なヘチマ製品がつくられています。
ヘチマ

チューリップ

富山県の県花であり、栽培面積・出荷量ともに日本一の産地です。またオリジナル品種開発も盛んです。
チューリップ

菅笠

約400年の伝統を持ち、実用品や民芸品など全国の95%を生産しています。
菅笠

銘菓

加賀藩二代藩主前田利長公によって、鋳物や漆の職人たちとともに和菓子職人も呼び寄せられました。高岡商人文化のもとに開花した和菓子は、今も伝統を受け継いでいます。
銘菓

アルミ製品

鋳物技術を基に家庭日用品・車両部品・住宅建材・ビル用建材など日本のアルミ産業の大きな拠点となっています。
アルミ製品アルミ製品アルミ製品

高岡仏壇

高岡銅器の彫金技術と高岡漆器の塗の伝統を受け継いだ、総合芸術品です。
高岡仏壇
 
Copyright (c) 2009 高岡地域文化財等修理協会 All Right Reserved.